イラストの専門学校のレベルは低い?画力を上げる方法は可能!

イラストの専門学校は、レベルが低いので、2年も学んだとしても、プロデビューをする事は難しいと言われています。

確かに、レベルはそれほど高くありませんが、スキルアップする事は十分に可能です。

しかし、貴重な時間を専門学校で費やしても良いのか悩んでしまう方は多いと思うので、どれほどのレベルなのか紹介しながら、画力を上げる方法を説明しましょう。

イラストの専門学校のレベル

美大は、レベルが高いと言われていますが、専門学校はレベルが低いと言われています。

そこで、どの程度のレベルになっているのか説明するので、確認してみて下さい。

美大よりレベルは低い

美大のレベルが高くなっているのは、デッサン力が高くなければ入学できないからです。

それに引き換え、専門学校はデッサン力や画力などが低くても、入学する事ができます。

デッサン力や画力が関係なくても入学できるので、学校や生徒のレベルが低いと言われてしまうのは、仕方のない部分です。

さらに、美大を卒業した方たちの中には、イラストレーターや画家は多くいます。

美大に比べたら、レベルが低くなっているのは事実なので、少しでもレベルの高い環境で作品制作について学びたい方は注意したほうが良いです。

生徒たちのレベル

レベルが低い所と聞いたら「自分は今までイラストを描いてこなくても、専門学校であれば問題はない」と思ってしまうかもしれません。

確かに、美大に比べたらレベルは低くなっているのは事実ですが、専門学校の生徒たちの中には、レベルの高い方は何名かいます。

そのため、入学をした後にレベルの高い生徒の実力を見て、プロになる事に自信を持てなくなって夢を諦めてしまうケースがあるのです。

途中で夢を諦めないためには、レベルが低い所だと思って、油断をしないほうが良いです。

レベルを上げられる可能性

専門学校へ入学した場合には、今よりもレベルが高くなるのか不安を感じてしまう方は多いかもしれません。

しかし、入学をした後にレベルを上げる事は十分に可能なので、その理由を説明しましょう。

画材の利用法

アナログの画材は、様々な物があって、それが水彩絵具・油絵具・カラーインク・パステル・色鉛筆などです。

専門学校へ入学をすれば、これらの画材の使い方を指導しています(学科や専攻によって違いがあるので注意)。

画材の使い方と聞いたら、基礎的なスキルと思ってしまう方は多いかもしれませんが、イラストを上手く描くコツは多くあるのです。

独学では、そのような使い方を覚える事は難しいのですが、優秀な講師がいる専門学校へ入学をすれば、短期間で様々な使い方を覚える事ができます。

ソフトの操作法

デジタルのイラストを制作する場合には、様々な専用ソフトを操作する事になりますが、その中でもClip Studio・Photoshop・Illustratorなどは、多く操作する事になる物です。

専用ソフトを操作する場合には、ツールやフィルタの使い方を覚える必要があります。

実際に、Clip Studioを上手く活用したら、画力の低さを機能によってカバーできるのです。

Photoshopは完成したイラストの画風を簡単に変えられますし、Illustratorはペンツールでイラストを作成する事ができます。

専門学校では、このような操作方法を短期間で覚える事ができるので、1日でも早くプロデビューしたい場合には、入学してみる価値があります。

基礎的な画力

専門学校へ入学した場合には、ライバルとの実力差に絶望しないために、基礎的な画力を上げる必要があります。

画力を飛躍的にアップさせるためには、デッサンをする必要があります。

授業で、デッサンをする所は多くありますが、学校の授業だけではデッサン力を上げる事は難しいケースがあるのです。

デッサン力を上げるためには、自宅でも、練習を積む事は重要になります。

実際に、デッサンをする際に必要となるのは、鉛筆または木炭・紙・モチーフなどがあれば大丈夫です。

そのため、あまりお金をかける必要がないので、自分のレベルが心配な方は、今からでもデッサンをする事をおすすめします。

様々なレベル

デッサン力は、基礎的な画力なので、デッサン力が高いほうが良いのですが、それだけでプロデビューできるとは限りません。

実際に、絵画においても写実絵画のように、忠実にモチーフやモデルを描く作品もあれば、抽象絵画のような作品もあります。

イラストの場合には、忠実にモデルを描くだけでは不十分な場合が多くて、少し顔の特徴を分かりやすく描く場合もあるので、デッサン力だけではプロにはなれません。

そのため、デッサン力の他にも、ユニークなアイディアや感性も必要になっていくので、デッサン力が低い事を気にして、夢を諦める必要はないのです。

まとめ

イラストの専門学校は、美大に比べたらレベルは低くなっていますが、専門学生たちの中にはレベルが高い方は何名もいるので、注意する必要があります。

実際に、レベルの高い生徒の実力を間近で見てしまって、夢を諦めてしまう方は何名もいます。

そのため、あまりレベルが低い所だと思わずに、デッサンや専用ソフトの操作方法などを率先的に学んでいって、イラストレーターになれるようにがんばりましょう。