イラストを学ぶのに専門学校に行くとしたら働きながらは可能?

イラストレーターに憧れて、子供の頃からせっせとお絵描きをしていた人、決して少なくないでしょう。

ただしその中から、プロのイラストレーターになれるのは本当に僅かです。

でもその可能性にかけてみたいのは、誰しも同じことです。

勿論画力がなくてはイラストは描けません。

なので最も効率的に学べるのは、専門学校への入学なのです。

イラストは独学でも学べるけど

勿論イラストに限らず絵や漫画に関しては、独学でも学ぶことが出来ます。

しかしトータルに学ぶとしたら、やはり専門学校で勉強するのが一番なのです。

デッサンから1枚の絵の構成まで、あらゆることが専門学校なら学べます。

特に流行の絵柄に関してなどは、非常に敏感に察知して教えてくれますので、流行遅れのイラストにならずに済む、というのも大きなメリットです。

専門学校に行けば実はまずこれがわかる

非常に残酷なことですが、絵の才能というのは勉強したり努力だけでは身につかないものです。

身に持った才能というのが問われるのが、こういった世界です。

センスにしても独創力にしても、元々持っている人といない人では格段の差がついてしまいます。

専門学校で学ぶことの隠れたメリットは、この才能があるかどうかを教えてくれることにもあります。

独学だと自分に対して、冷静に判断を下せませんが、専門学校なら嫌でもわからされてしまいます。

先生の言葉だけでなく、クラスメートのイラスト1枚で、自分との差を思い知ることもあるのです。

夢だけではプロになれないと、そうそうに教えてくれるのもまた、専門学校のメリットなのです。

非常にメリットの多い専門学校だけど

メリットが多い専門学校でのイラスト修行ですが、幾つかのデメリットもあります。

最大のものが、お金に関してのことですね。

普通の大学ならばお金を出してくれる親御さんたちも、将来不安定なイラストレーターになるための資金は、ためらってしまうことが多いものです。

実際、大手のメジャーな専門学校の場合、卒業までに200万以上のお金がかかります。

学費に加えて画材なども必要なのを忘れずに

絵を描くのには、画材が必要です。

そして専門学校では勿論、参考書の購入なども必要になってきます。

そういった細かい出費もあるので、入学金と授業料は何とかなっても、気がついたらお金が結構出てしまったということにもなります。

正直なところ、学費を幸運にも出してもらえたとしても、やはりある程度自分で稼ぐことも必要になるかもしれません。

働きながら通えるかという問題

ではいっそ、自分である程度のお金を稼ぎつつ、学校に通うのはどうでしょうか。

夜間の授業のある専門学校を探す

昼間に仕事をしている人、すでに就職していてでも夢が捨てきれない人には、夜間の専門学校がおすすめです。

夜間の授業なら昼間の仕事を時間どおりに終えることができれば、問題なく通うことが出来ます。

しかし夜間の授業はどうしても、昼の授業よりは専門性が低くなります。

授業時間数も、少なくなってしまいます。

授業料もその分安くて済みますが、足りない部分を自分で補う覚悟は必要です。

フレキシブルにカリキュラムを組める学校を探す

普通の専門学校の授業は、他の学校と同じく週に5日というのがほとんどです。

しかし中には、例えば月水金を授業に集中させて、他の曜日はバイトに当てられるように授業体系を組むことが出来る学校もあります。

バイトと掛け持ちでという人の場合、こういったタイプの学校を探すのがおすすめです。

特に夜だと集中力が出ない、次の日の仕事に差し支えるかも、などの不安があったらこちらのタイプの学校が良いですね。

働きながら専門学校に通うということ

働きつつ、夢を実現させるために学校に通うのは、体力は勿論のこと精神力も必要です。

人間どうしても、楽な方に流れてしまいます。

仕事の後は遊びたくもなりますし、家に帰れば課題をやるより休みたくもなります。

そういった誘惑を乗り越える気力と精神力があるかどうか、これをまず自分に聞いてみてください。

まとめ

正直なところ、持って生まれた才能に左右されるのが、アートの世界です。

努力だけではどうにもならないこともあります、それでもベースからしっかりと、弛まず努力を重ねていれば。

何時か夢が叶うこともあるのです。

イラストを描きたくて、プロのイラストレーターになりたいという夢は、専門学校で第一歩を踏み出すことが可能です。

でもお金の余裕がと思ったら、働きながらでも学ぶことの出来る学校。

探してみてくださいね。