プロのイラストレーターを目指す方に最適なイラストが学べる専門学校5校

絵を描くことが好きな方は、将来イラストレーターを目指しているという方も多いのではないでしょうか。

イラストレーターになるには、センスや絵が好きなことだけでなく、イラスト制作の基本的技術を身につけなければなりません。

イラストレーターとして活躍できる場は、本や雑誌をはじめポスターや広告など色々なフィールドがあります。

基本的技術を身につけるためには、専門の教育を受けることができる専門学校への進学が最適です。

イラストが学べる専門学校に進学するメリット

イラストが学べる専門学校は全国で100校以上あります。

イラストレーターとして活躍するためには特に資格は必要ありません。

専門学校に行くメリットとしては、イラストを描く時に必要な技術を基礎から身につけることができるということや業界関係者と知り合いになることができることです。

イラストレーターが実際に仕事をしている現場や活躍している方を講師として招くこともありますし、学生同士のつながりも将来には大切になってきます。

仕事はコネクションや知り合いを通じて依頼されることも多い業界ですので、そういう環境に身を置くことも重要なのです。

専門学校の学費

イラストが学べる専門学校の学費は学校によっても幅があります。

安い学校であれば初年度納入金で40万円からあり、高い学校になると初年度でも165万円ほどかかってくるのです。

相場としては100万円〜140万円程度になります。

専門学校は2年制のところがほとんどですので、大学でイラストを学ぶよりも安く効率的に技術を習得することが可能です。

大学に進学すると1年間で150万円以上かかるケースが多くなってきます。

4年間にもなると経済的な負担も大きいです。

卒業後のサポート

卒業後は、フリーランスとして活躍する方や広告をデザインする会社に就職する方などがいます。

専門学校にはキャリアサポートセンターをもっているところがほとんどで、一般に求人を募集していない会社でも専門学校との深いつながりで就職できることがあるのです。

就職を目指すという方にとってもサポートがある専門学校はとてもメリットがあります。

イラストが学べる専門学校の授業

イラストが学べる専門学校では、多くのコースや授業が用意されています。

イラストレーションをメインとするコースを選ぶと、コミックや絵本、キャラクターなど多くのイラストに触れる授業が用意されているのです。

デジタルに対応したイラストも将来のためには必須ですので、効率的に幅広い知識を得ることができます。

専門学校によってはイラストだけでなく、色彩の学習などイラストにも関わってくる幅広い科目を選択することが可能です。

イラストが学べる学校では、映像デザインやグラフィックなどデザイン全般を学ぶ学生が集まってくるので刺激があります。

1日のスケジュール

多くの専門学校では毎日9時から16時位までが授業時間として確保されています。

取る科目や曜日によっては午前中のみの授業になったりするので、アルバイトなどをすることも可能です。

夏休みや冬休みなどの長期休暇もあり、大きな制作をしたりすることもあります。

専門学校には学園祭や制作展などもあるので、準備で忙しい時期もあるのです。

課外授業で色々な講座を受講することも可能で、充実した勉強をすることができます。

デッサンなどが本格的に学習できる

イラストの制作に欠かせないのがデッサンです。

デッサンの勉強はしてこなかったという方でも1年次は基礎学習から入るので安心できます。

美術の講師などもいるので、プロとして活躍できる技術を身につけることが可能です。

画材や表現方法もたくさんあるイラストの分野ですので、それらを身につけながら自分の個性を生かした表現方法を確立していきます。

イラストが学べる専門学校に行くには

イラストが学べる専門学校へ進学するには色々な入学方法があります。

AO入試は人物評価で入学することができる方法で、自分の特徴や特技を生かした入学が可能です。

学校推薦や自己推薦などで学生から社会人まで推薦で入学できる方法もあります。

一般入学の場合には、書類選考がメインです。

調査書などを高校の先生に交付してもらうか、社会人の方は卒業証明書などを用意する必要があります。

奨学金でお得に

授業料だけでなく、教材費や研修費用などが含まれており高額になることもあるのが専門学校です。

そんな時には奨学金などが利用できます。

専門学校が用意している特待生制度は、免除額が多く学費がほとんどかからないケースもあるのです。

美術やイラストで何らかの賞を取っていたり、高校までの学力に優れているという方は特待生制度を利用すると良いでしょう。

日本学生支援機構などが提供する奨学金などを利用すれば、低利息で学費の貸与が可能です。

イラストの学校に通いたいけれど、経済的に厳しいという方は奨学金の利用を考えましょう。

イラストが学べる専門学校5選

イラストが学べる専門学校は多くありますので、どの学校を選んで良いか迷ってしまいます。

通学に便利という立地条件などもありますが、学校のカルキュラムが自分の将来に役立つかどうかをしっかりと見極めましょう。

専門学校によって力を入れているところに違いもあり、カルキュラムの異なりますので比較検討してみてください。

代々木アニメーション学院

代々木アニメーション学院は1978年の創立以来、11万人の卒業生がいます。

イラストコースでは、イラストの基本技術とともに流行力や宣伝力などにも力を入れており時代にあったイラスト表現方法を学ぶことが可能です。

全日コースは2年制で、社会人の方など夜間に学べるコースが用意されています。

バンタンゲームアカデミー

バンタンゲームアカデミーは、講師が全て現役のプロという、プロを送り出すための専門学校です。

イラスト・マンガ学部では、有名ゲームでイラストレーターとして活躍する現役イラストレーターが講師になっています。

3年制で業界の企業とのつながりもあり、3年次にはより実践に近いカルキュラムです。

日本工学院専門学校

東京、北海道など多くのキャンパスをもっている日本工学院専門学校は学べる科目も多いのが特徴です。

グラフィックデザイン科では、イラストレーターの技術を基礎から身につけることができます。

プログラムは自分のスキルや学習度に合わせて学べるようにプログラムされているので安心です。

色彩検定など、色々な資格サポートを行なっています。

HAL東京

HAL東京は4年制のアニメ・イラスト学科をもっており、よりプロフェッショナルなイラストレーターを養成する専門学校です。

就職を希望する学生には完全就職保証制度が用意されており、就職が決まるまでは学費をかけずに勉強を続けることができます。

イラストの基本技術はもちろんのこと、最新の技術を取り入れており業界ですぐに活躍できる人材育成にも余念がありません。

専門学校デジタルアーツ東京

イラスト・マンガ学科では、特にアニメやマンガの分野で活躍したい方が全国から集まるのが専門学校デジタルアーツ東京です。

学校内でアニメを制作するなど、他の学科との共同制作授業も注目されています。

授業は少人数で行われるので、よりきめ細やかな指導を受けることが可能です。

まとめ

イラスト分野で将来活躍したいという方は、イラストが学べる専門学校への進学がおすすめです。

独自のカルキュラムで、基礎力をつけるだけでなく、就職までをトータルでサポートしてもらえます。

最新のトレンドやクライアントが求めているものなども知ることができ、自分の個性をより確立していくことにも役立つのが専門学校です。