初心者でもイラストレーターを目指せる専門学校?その秘密を紹介

イラストを描く事が好きでも、イラストレーターになるのを諦めている方は多いでしょう。

実際に、好きな事を仕事にするのは、夢で終わってしまうと思って、行動をしない方は多くいます。

ところが『東京デザイン専門学校』で学べば、初心者の方でもイラストレーターになる事は十分に可能なのです。

なぜ、そのような事が可能なのか、詳しく紹介するので、イラストレーターを目指す事が不安な方は参考にしてみて下さい。

本校のカリキュラム

本校は、初心者の方でもイラストレーターとして成功できるようなカリキュラムが用意されています。

このカリキュラムの内容を知る事ができれば、本校で学ぶメリットがよく分かると思うので、詳しく紹介しましょう。

基礎からスタート

イラストは、絵画とは違ってリアルに描けなくても問題がないと思っている方は多いかもしれません。

ところが、イラストを描く際にも『デッサン力』を身につけておく事は重要です。

しかし、初心者の方がデッサン力を身につける事は簡単ではありません。

そこで、本校では初心者の方でもイラストを描けるようにデッサンを教えているので、イラストの基礎から学ぶ事が可能になっています。

そのため「自分は初心者だから、イラストレーターになるのは無理」と諦めている方でも、本校で学んでみる価値があります。

個性を重視

デッサン力を身に付けたら、デッサン力がない方よりはイラストレーターになれる可能性は高くなります。

しかし、日本にはデッサン力を身に付けている方たちは多くいるので、デッサン力があるだけではイラストレーターになれないケースもあるのです。

そこで、本校では『個性を重視』した授業を行っているので、あなたの個性を伸ばしながら、画力を高めていく事ができます。

その結果、他の方にはない持ち味を活かす事ができるので、イラストレーターになれる可能性が高くなるのです。

豊富な選択肢

本校は、デッサン力と個性を伸ばしながら、豊富な選択肢を用意しています。

この豊富な選択肢とは、様々な職業を目指せる事を意味しているので、絵本作家を目指す事もできれば、イラストレーターを目指す事もできるのです。

イラストレーターを目指している方にしてみれば、絵本作家は全く違う職業のように感じてしまうかもしれません。

しかし、イラストだけでは成功できない方でも、文章を交える事で成功できる場合もあるので、イラストを描けると思えれば目指すメリットは大きいです。

そのような事を考えたら、様々な職業を目指せるのも、本校の大きなメリットです。

本校のプラス1講座

本校は、魅力的なカリキュラムを用意しているだけではなく『プラス1講座』も選ぶ事ができます。

このプラス1講座の中でも『色彩検定対策』や『パソコンのスキルの復習』は、イラストレーターを目指す上でメリットの多い講座なので、詳しく解説しましょう。

色彩検定対策

色彩検定対策を選べば、多くの企業から注目されている『色彩検定』に合格する可能性が高くなります。

この色彩検定とは、色彩に関係する知識がどれだけあるのか分かるものです。

イラストを描く際には、線画だけではなく色彩も重要な部分なので、色彩検定に合格する事は重要なポイントです。

実際に、色彩検定対策に合格しようとして、勉強をすれば、配色の重要性やカラーの役割などを知る事ができるので、プロのイラストレーターになる可能性も高くなります。

パソコンのスキルの復習

現代では、昔とは違ってパソコンでイラストを制作する方が増えています。

プロのイラストレーターとして名高い方たちの中にも、パソコンのソフト『Illustrator』を利用しています。

そして、本校では『Illustrator復習』や『Photoshop復習』などを学べるのです。

これらのソフトを利用できれば、イラストを制作している最中に失敗しても、簡単に修正する事ができるのです。

そのため、初心者にありがちな失敗をしたとしても、短時間で修正する事もできるので、プラス1講座を利用するメリットはあります。

東京デザイン専門学校の専攻

本校は、イラストに関連する専攻がいくつもあって、それが、リアルイラスト専攻・キャラクターデザイン専攻・絵本専攻です。

それぞれ特徴が違うので、どれを選んだら良いのか悩んでしまうと思うので、詳しく紹介しましょう。

リアルイラスト専攻

リアルイラスト専攻は、名前の通りで、リアルなイラストを制作する事ができます。

イラストは、絵画とは違うと言っても、数多くあるイラストの中にはリアリティーの高い作品も多くあるのです。

このような作品は需要があるので、イラストレーターとして生きていきたい方は学んでおくメリットは大きいです。

ただし、リアルなイラストを制作しようとしたら、多くの時間や労力を必要とするので、コストパフォーマンスという面で考えたらデメリットもあるので注意しなければいけません。

キャラクターデザイン専攻

日本では、多くのゆるキャラが注目を集めているので、キャラクターデザイン専攻で学ぶメリットは大きいです。

実際に、リアルなイラストを制作しようとしたら相当なデッサン力を必要としますが、キャラクターの場合にはそれほど高いデッサン力は必要としません。

そのため、画力やデッサン力よりも個性で勝負したいと考えている場合には、リアルイラスト専攻よりもキャラクターデザイン専攻のほうがおすすめです。

絵本専攻

本校で学べば、イラストレーターだけではなく絵本作家も目指せるのは、絵本専攻があるのが大きく関係しています。

以前までは、絵本作家になる事は簡単ではなく、自費出版で多くの出費を覚悟しなければいけない時代がありました。

ところが、最近ではインターネットで絵本の話や絵を公開する事が可能になっているので、ある程度まで知名度を高くしてから、絵本を出版する選択肢も増えたのです。

仮に自費出版したとしても、ある程度の知名度や人気度があればリスクを軽減する事ができるので、本校の絵本専攻で絵本作家を目指すメリットは大きいです。

プロのイラストレーターになる方法

本校の魅力を紹介してきましたが、プロのイラストレーターになれる方法を知っておかなければ、意味がありません。

そこで、どのような方法があるのか説明するので、確認してみて下さい。

Wワークを覚悟

専門学校を卒業した後に、イラストレーターの収入だけで生活できる方は、一部の人間だけにとどまります。

残念ながら、多くの方たちはイラストレーターの仕事をしながら、他の仕事もして生活をしているのです。

これをW(ダブル)ワークと呼びますが、簡単にプロにはなれないという事は覚悟したほうが良いです。

しかし、いつまでもWワークをするという訳ではなくて、少しずつイラストレーターの収入が増えていけば、Wワークを辞めてイラストレーターの収入だけで生活する事ができます。

会社員になる方法

イラストレーターは大きく分けて、個人で作品を発表していく場合と、会社員になる場合があります。

会社員であれば、会社が決まった給料を支払ってくれるので、始めのうちからイラストレーターだけで生活する事は十分に可能です。

ただし、美大に比べたら、専門学校の卒業生はイラストに関連のある企業で働く事は難しいので注意する必要があります。

それでも、可能性としてはゼロではないので、安定した収入でイラストを描いていきたい場合には、会社員になる事も視野に入れて活動したほうが良いです。

まとめ

東京デザイン専門学校は、基礎からイラストを学べるので、初心者の方でもイラストレーターを目指す事ができます。

さらに、個性も重視しているので、テクニックばかりを教えてくる訳ではないので、楽しみながらイラストを学ぶ事もできるのです。

そのため、今までイラストレーターになるのは夢でしかないと思っていた方でも、本校で学んでみる事をおすすめします。