面接対策を確実に行うことで、イラストの専門学校を受験する際に自信が持てる

イラストの世界を目指す人は、学びの場として大学や短大、専門学校に進学するケースが一般的です。

また、社会人になってから改めて学校に入学してイラストを勉強する人もいます。

イラストの専門学校の入学選考は、書類選考と面接が中心です。

選考方法について理解し、面接対策を確実に行うことで、入学前の不安感も取り除くことができるでしょう。

イラスト作成のスキルを学ぶ

イラスト業界は常に変化し、進化している業界です。

そこで求められる人材になるためには、様々なスキルを磨く必要があります。

専門学校はその学びを提供してくれる場所であり、技術取得のための継続した努力をサポートしてくれます。

競争の激しいイラスト業界で働くためには、確実な基本技術と研ぎ澄まされたセンスを身につけることが必要です。

そのためには、根本であるイラストに対する意気込みが問われます。

イラストの専門学校の入学専攻では、そういった個人のやる気の部分を重んじる傾向が強いです。

イラストの専門学校の入試選考方法

専門学校の入学選考としては、AO入学、推薦入学、一般入試など様々な方法があります。

学費の減免を行う「特待生制度」を導入している学校もあります。

入試の選考方法や形式については、各専門学校で特色もあるため、自分が目指す専門学校の募集要項でよく確認しておくことが大切です。

どの形式の入試も面接対策が必要

面接が免除される場合もありますが、基本的にはすべての入試方法について書類選考と面接を課すのが通常です。

したがって、イラストの専門学校受験する際には、面接対策をしっかり行うことが必要になります。

AO入学とは何か

AO入学に関しては、他の選考方法に比べて比較的新しいスタイルです。

出願者の人物像に焦点を当てた選考形式になり、学校側が求める人物像に合致した人が選ばれます。

人物像は「アドミッション・ポリシー」とも言われます。

募集要項や説明会などで、その学校のアドミッション・ポリシーがどのようなものであるかについて確認しておくことで、自分のタイプが合致しているかどうか判断することもできます。

面接対策としても重要です。

面接対策には学校が求める人物像についての理解も大切

もちろん他の選考方法にも面接は課せられるため、AO入学だけが特別ということではありません。

他の選考形式で受験する場合も、その学校が求める学生像について理解しておくことが、効果的な面接を行う手助けになるでしょう。

事前の面接対策

面接には、個別面接もあれば集団面接もあり、採用している形式は専門学校によって違いがあります。

「イラストの世界を目指す理由」「本校を選んだ理由」「学科を選んだ理由」「学びたいデザインの種類」など、聞かれる可能性の高いことを事前に自分の中で整理し、その回答を考えておく必要があります。

イラストの技術や専門知識を問われるわけではなく、イラストの世界に対する学習意欲を確認するためのものです。

したがって、全くのイラスト初心者であっても、明確な意欲があれば問題ありません。

誠実さも好印象を与えるポイント

人間性も評価の対象になります。

面接官の話をよく聞き、誠実に答えることが重要です。

質問をされて答えられないようなことがあれば、正直にわかりませんと答えても、それだけでマイナス評価になるわけではありません。

しどろもどろになるよりも、わからない点は素直に認めて、これからしっかり勉強する意欲を見せればいいでしょう。

可能であれば、誰かに模擬面接をしてもらって練習することはおすすめです。

募集要項や説明会などで情報を得ることが大切

各学校の募集要項では、面接でどのような点を重視するかについて記述されている場合があります。

また、学校説明会で面接について質問できる場合もあるため、そういった機会を積極的に利用することも大切です。

直接面接で聞かれることはなくても、イラストに関する様々なニュースや情報に意識して接することは重要です。

そういった知識があれば、面接を受ける上で自信にもつながります。

まとめ

面接では意欲や人間性が評価ポイントになるため、事前に自己分析をしっかり行なっておくことが大切です。

イラストで実績や受賞歴などがあれば大きなプラス要素になりますが、もちろんそういったことがなくても問題ありません。

専門学校は、初心者が一から学ぶことができる環境です。

大切なのは意欲ということを意識し、自信を持って面接に臨むことが大切です。