山デビューの初心者におすすめ! 賢くトレッキングシューズを手に入れる方法

[アルバートル] ALBATRE メンズトレッキングシューズ AL-TS1120 BRGY (ブラウン/グレー/27.5)

山といえば、一昔前はなんとなく地味なイメージでしたが、山ガールがブームになってからは、女子にもすっかりおしゃれで身近なものになってきました。

でもおしゃれ感覚で山デビューをしたいと思っても、それなりの装備は必要になります。

気軽で、おしゃれ重視だけれどお得にトレッキングシューズを手に入れる方法を紹介します。

また、登山やアウトドアにアクションカメラを持っていくのも楽しいです。

参考:おすすめアクションカメラランキングはこちら

おしゃれ重視なら、まずはソックスから選ぶ

トレッキングシューズは、あくまでも山などのアウトドアを楽しむための靴です。

ですから、しっかりと足に合った靴を選ばなければならないのは、基本です。

でも、もっと大事なことがあります。

それは、トレッキングシューズを履くときのソックスの暑さです。

トレッキングソックスと言いますが、わかりやすくすれば、登山専用の靴下のことを言います。

でも、ウェアはお気に入りのものを準備したのに、ソックスが変というのはデビューの楽しさを半減させてしまいますよね。

ではなぜ、トレッキングシューズを選ぶ前にソックスを準備するかというと、登山用の靴下のために普通より厚みがあるからです。

そのため、普通の靴下をはいた状態で試着すると、実際にはいたときに小さく感じてしまうことが多いのです。

トレッキングシューズとは?超初級

トレッキングシューズには、3つのタイプがあります。

ローカットタイプ

くるぶしを覆わないタイプのシューズです。

他のタイプにくらべて軽いことと、足首の自由がきくのが特徴です。

日帰りの登山だけでなく、キャンプなどのアウトドアにも向いています。

スニーカー感覚で使えるので、色のバリエーションも豊富なのがおすすめです。

ハイカット

足首を深く覆うタイプのものです。

いかにも登山靴という印象です。

富士山などの本格的な登山などにも対応する、トレッキングシューズの王道でしょう。

ただし、かなり重たいのと、動きづらいところがあるので、初心者にはハードルが高いかもしれません。

ただ、しっかりと足首を固定するタイプなので、3つのタイプの中でも一けがに強いです。

ミドルカット

ローカットタイプとハイカットタイプの中間です。

それなりに、重量はあります。

少なくとも、登山はある程度極めたいとすでに決めているならば、このタイプぐらいは購入しておいても損はしません。

いざトレッキングシューズ見学!

自分に合いそうなトレッキングシューズのタイプが決まったら、専門店に行きましょう。

最近はインターネットでも気軽に購入することはできますが、トレッキングシューズは、それなりに値段もします。

履き心地や動きやすさは、やっぱり実際にはいてみなければわかりません。

あとから結局無駄になってしまうよりは、面倒でも試着して購入するのが良いです。

サイズは普通の靴より1.5センチアップする

トレッキングシューズは、普段はいている靴のサイズより、必ず大きめのものを選びます。

かかと部分に1センチくらいの余裕があったほうが良いです。

履けたら、近くの店員さんに必ず聞いてみてください。

履いた時点では痛さを感じなくても、つま先部分があたっていたり、実際には大きすぎていることもあります。

ハイカットタイプを選ぶなら、それこそ数万円しますから、しっかりと相談してください。

[たくさん履いてみる]トレッキングシューズでやってはいけないことが、一目ぼれして即買いしてしまうことです。

ここは、おしゃれにデビューしたい気持ちは抑え、どんな靴があるのか、どんなメーカーの靴が自分に合っているのか、とことん試し履きしてみましょう。

購入前にレンタルシューズを使ってみる

これは、私が実際にやりました。

デビューの日にちも決まりワクワクしながらお店に見に行ってみたものの、お値段がそれなりに結構高いのです。

デビュー当時の私は、ウェアに気合が入りすぎてしまい、すでに予算ギリギリの状態でした。

1万円程度で購入できるだろうと思っていたのが大間違いで、ついてきてもらった登山の先輩には「甘く見すぎだよ」と怒られてしまいました。

その時教えてもらったのが、そのお店でやっていたレンタルシューズサービスです。

私は、3,000円程度で利用できました。

しかも、デザインも色も気に入って、その後、実際に購入しました。

あと、すぐに足のサイズが変わってしまう子どもさんの場合は、絶対レンタルした方がお得です。

子供用といっても、トレッキングシューズは普通の靴より値が張りますので、大きくなるたびに買い替えるよりは、ある程度大きくなってから購入する方がお得です。

まとめ

気軽に楽しむことができる登山ですが、楽しく安全に楽しむには、やっぱり自分に合った靴選びが大切です。

山で楽しむアウトドアですから機能性や重さだけでなく、急な天候不順にも対応できるように、濡れた時の乾きやすさなども確認しておくと安心です。

もしも自分に合ったトレッキングシューズが見つからない場合は、無理をせずに他も検討する時間的な余裕ももちましょう。