メンズのおすすめのトレッキングシューズを知っておこう

[キャラバン] CARAVAN GK62 0011062 578 (カーキ/26)

トレッキングは日本語でいうと、山歩きのことです。

山歩きと言っても登山と同じというわけではありません。

登山は一般的に登頂を目指しますが、山歩きは山の中を歩くことが目的になります。

日本でのトレッキングは、登山のような装備がなくとも問題ありません。

ですが、山の中で歩く以上それに適したトレッキングシューズが存在します。

今回はそのようなシューズのおすすめを紹介させていただきます。

トレッキングシューズの特徴

山歩きの時に利用されることが多いトレッキングシューズは、登山靴の一種になります。

スニーカーと違い舗装されていない道を歩くための専用シューズです。

水たまり、ぬかるみ、凸凹道などを長時間歩くために、安定感があり滑りにくく防水性に等質性も優れています。

足を保護するためにボディや靴底が厚く、ソールのグリップが効くデザインです。

シューズということなのでフィット感は重要になります。

長時間歩くので、サイズの合わないものを選んでしまうと、靴擦れやマメの原因になってしまいます。

靴とつま先の間のゆとり、足幅や甲のきつさなど、しっかりと確認しておかないと足が異常をきたしてしまうことになりかねません。

シューズを買うならば必ず一度は試しに履いてみてから買うことをおすすめします。

実際に履いてみなければわからないことが多いからです。

また、登山靴はアウトソールが硬いものが多いです。

硬くすることで、足の力が分散し負担を減らし疲労の軽減や凸凹道が歩きやすくなったりします。

ですが、山歩きの場合は、多少整備されている道や平坦な道に緩い坂道など、登山に比べるとそこまできつい道のりではありません。

なので、硬いものを選んで歩きづらく感じるよりも、柔らかめのシューズを買うことで初心者の方は歩きやすさを実感できます。

mont・bell

mont・bellは様々な山岳用品を出している国内でも有名なメーカーになります。

トレッキングシューズは、メンズ・レディース・キッズ用などラインナップが豊富で、機能性だけでなくデザイン性も優れているのが特徴です。

初心者でも使いやすいシューズが多く、男性に人気のあるメーカーです。

ワオナブーツ

ワオナブーツはミドルカット使用のため登山やトレッキングで幅広く使えるブーツです。

全天候型なので、どのような天気でも利用できます。

ミッドソールはEVAを採用することで、軽量かつ衝撃吸収が向上しています。

EVAは柔らかく弾力があるため衝撃吸収を優れたものにできるということです。

甲前面や足首の屈曲部から金具パーツを取り除きファブリックアッパーを合成皮革で補うことで、軽量性と良い履き心地に適度な剛性を得ることが出来ます。

トレールグリッパーを採用して、濡れた40度以上の急傾斜でも抜群のグリップ力で滑ることなく安全歩行が実現可能になっています。

膝の負担や足裏への突き上げを軽減してくれます。

基本的なトレッキングシューズでも全体的に柔らかめなので、軽量で快適性があり初心者の人には気軽に使用できるおすすめのシューズです。

Caravan

Caravanは60年を超える有名なメーカーです。

初心者の人はまだトレッキングシューズを履きなれていませんが、そういった初心者の人達が安心して履きやすいような素材や技術が使用されています。

また、日本人の足に合わせた靴も作られているので、日本人も履きやすくなっています。

Caravanの靴は他の登山靴と比べ比較的買いやすい価格になっています。

トレッキングシューズ C1-02S

C1-02Sはキャラバンの中でも代表的な初心者用シューズとなっています。

登山の初心者が使いやすいように設計されたシューズで、履き口の周りを柔らかい生地とクッション材を使用することで、足首を優しく保護してくれます。

ミッドカットタイプにより足首が動きやすく無理なく履くことが出来ます。

つま先にTPU樹脂カップにより、指先をしっかりと保護してくれます。

キャラバントレックソールが歩きにくい険しい道でもグリップ力を発揮して、インソールクッションが衝撃吸収性を高め歩行性能を高めています。

日帰りや1日程度の山歩きや登山に最適なオーソドックスなシューズです。

初めてトレッキングシューズを履く人でも違和感なく履けるおすすめのシューズになります。

KEEN

KEENはアメリカのフットウェアブランドで、トレッキングシューズだけでなくサンダル、ブーツ、カジュアルシューズなど豊富なラインナップとなっています。

機能だけでなく、デザイン性も高く若者を中心に人気があります。

2003年に誕生したということで、まだまだ歴史は浅いですが、確かな人気を得ているブランドです。

KEENはアウトドアに自由に参加するためのサポートをするための製品が考えられています。

シューズは健康に関係する道具であり、耐久性が一番必要なものです。

KEENはより正しく質の良いものを作り、少しでもシューズの文化に貢献しています。

Koven WP

Koven WPはオールシーズンかつ多目的に使用可能なトレッキングシューズです。

アッパー部分にウォータープルーフのレザーにメッシュが使用されています。

この2つにより耐久性と快適性の向上になっています。

圧縮成型ミッドソールに取り外し可能なフットベッドが足のサポートやメンテナンス性と抜群にしています。

フットベッドは足裏の形に合わせた立体成型されたもので、表面に吸湿速乾性のマテリアル、裏面に通気性の良いメッシュパネルを採用することで、更なる快適性の向上となっています。

KEENが独自開発した防水透湿素材KEEN.DRYが雨の日でも濡れた道路でも心配なく歩くことが出来ます。

機能性と快適性を備え多目的使用なので、初心者でも使いやすいおすすめのシューズです。

Columbia

コロンビアの愛称で知られるコロンビアスポーツウェアカンパニーは1938年に創業したアメリカでも歴史のある老舗ブランドです。

シューズだけでなくアウトドアに適したウェア、バッグ、アクセサリーなど数多くの製品が販売されています。

シューズはスタイリッシュなデザインにカラーのバリエーションが豊富であり、機能性やコストパフォーマンスも優れています。

コロンビアのトレッキングシューズは機能性に普通のシューズと変わらないようなデザイン性を持っていることで人気もあります。

セイバーミッドオムニテック

天候に左右されることなくロングトレイルからライトハイクまで対応可能である高性能なマルチトレッキングシューズです。

コロンビアが独自開発したオムニテックを採用することで、運動によるシューズ内のムレを抑えることが出来る房水等質が可能となっています。

アウトソールは土や泥が詰まりにくく高いグリップ力を持ち、軽量でクッション性も備えているため、歩きやすく疲れにくくなっています。

ミッドソールは取り外し可能なので、快適性を保つことが出来ます。

アウトドアに必要な軽量性・サポート性・クッション性などの機能性と快適性が充実しています。

まとめ

今回はメンズにおすすめのトレッキングシューズでしたが、他にも数多くの製品が売られています。

紹介したものはどちらかというと初心者でも使いやすいものを重視しています。

シューズはトレッキングの装備の中では最も重要なものの一つと考えられます。

シューズを選ぶ時は、デザイン性を考慮することもいいと思いますが、初心者の方はやはり機能性を一番に考えて選ぶことがトレッキングのサポートにつながることを忘れないでほしいと思います。