トレッキングシューズの快適さは靴紐の結び方によるものが大きい!

XIANGGUAN 登山靴 メンズ トレッキングシューズ ハイキングシューズ 防滑 アウトドアスニーカー グリーン 30CM 81283

どんなトレッキングシューズを履くかというのは快適な登山を行う上でとても大切なことです。

しかし、それと同じくらい大切なのが靴紐も結び方です。

靴紐の向過ぎ方や締め方で、同じトレッキングシューズであっても履き心地は大きく変わってしまいます。

面倒がらずに丁寧に履くようにしましょう。

そして、履いた後にもこまめな調整が必要です。

トレッキングシューズの履き心地には紐が重要

足にフィットするトレッキングシューズを選ぶことは登山を楽しむ上でとても大切なことです。

しかし、どのように履くか、どのように紐を締めるかでも履き心地を大きく左右します。

お店ではフィットしていた気がするのに、実際に登山に使ってみたら、なんだか足が痛い、すぐに疲れてしまうと言った場合、やっぱり、店内で少し履いてみただけではわからないからしょうがないと諦めてしまいがちですが、紐の結び方に問題がある場合があります。

初心者がトレッキングシューズを買いにお店に行くと、大抵のお店の人は丁寧に相談に乗ってくれ、至れり尽くせりで試着をさせてくれます。

そのときにトレッキングシューズのフィット感が良いように感じたのは、トレッキングシューズそのものもがあなたにとってベストであっただけでなく、お店の人が適切に紐を結んでくれたからである可能性も高いです。

履くときは大きくくつろげて

[ザ・ノース・フェイス] トレッキングシューズ Hedgehog Fastpack Lite GORE-TEX NF01525 BA コズミックブルー×アシッドイエロー 8.5(26.5cm)

トレッキングシューズを履くときには足が入ればよいというものではなく、紐を全体的に緩め、大きくくつろげてから足を入れるようにしましょう。

足の甲に乗る部分であるベロを大きく広げるところがポイントです。

この状態で足を入れることで、ベロのクセを取り、足の甲へのフィットが良くなります。

紐は靴先から閉めていく

靴ひもは全体をかけて、最後に紐の先端を引っ張って閉めてはいけません。

そうすると上手に紐が締まらず、足首近くだけきつくなってしまいます。

爪先の方から一つずつ丁寧にキュッキュと締めていくようにしましょう。

こうすることで、足が靴の中でズレることなく、フィット感を良くすることができます。

強さは血が止まらない程度

トレッキングシューズの紐を締める時、力加減もとても重要です。

緩すぎると靴の中で足がずれてしまいます。

しかし、きつすぎれば窮屈です。

足の甲と足首部分をベロで血が止まらない程度に抑えるように心がけましょう。

足の甲と足首がしっかりと固定されているのならば、それより上は多少緩くても大丈夫です。

反対にすねの部分までしっかり固定するように結んでしまうと歩く憎くなってしまいます。

余分な紐は切りましょう

トレッキングシューズの紐は余った部分が大きいならば切ってしまうのがおすすめです。

余った部分が長すぎると、木の枝や石などに引っかかってしまい、転んでしまう原因になることもあります。

歩くときに邪魔に感じるかもしれません。

切った紐の先はライターなどで軽くあぶるとほつれなくなります。

2度結ぶことで解けにくくなります

トレッキングシューズを履くときは紐を2度結ぶと歩いているうちにほどけにくくなります。

最初に普通に蝶結びをしたあと、さらに蝶の輪の部分をもう一度結ぶことで解けにくくなります。

靴紐だけの購入も

トレッキングシューズはあまり安くなく、そうそう買い替えることは難しいですが、靴紐だけならば手軽な金額で購入することができます。

もしも、靴紐が結びにくい、力をいれにくいと感じ場合には靴紐を交換してみるのがおすすめです。

靴紐1つで、トレッキングシューズの履き心地がかわってくることもあります。

また、個性的な靴紐はトレッキングシューズをオシャレに見せ、愛着を沸かせることもできるでしょう。

それだけでなく、山小屋などでの取り間違いの予防にもなります。

予備の靴紐があると安心

靴紐は摩耗や岩でこすれてしまうと切れることがあります。

このような時のために、予備で最低1本は持っていくようにしましょう。

靴紐は靴紐としてだけでなく、長くてある程度丈夫な紐として、活躍してくれることもあります。

登山のような、お店が手軽にない場所では意外な使い道で重宝する場面があるかもしれません。

それほど嵩張るものではないので、リュックに入れておくようにしましょう。

下るときはきつめに

登山の中でも下山するときには靴紐はとくにきつめに結ぶことを意識しましょう。

下山する前にはかならずトレッキングシューズの靴紐を調整し直すことをわすれてはいけません。

靴紐を強めに結ぶことで、足が靴の中で動いてしまい、足先が靴にぶつかって炒めてしまうことをふせぐことができます。

平坦な道や登りの道ならば足首より上はあまりきつく締める必要はありませんが、下りの場合は足首やすねをある程度靴紐でしっかりと締めてホールドすることで、足首への負担を減らすことができます。

休憩のたびに紐の調整を

MERRELL(メレル) MOAB MID GORE-TEX (ゴアテックス) 31cm - 32cm DARK EARTH (ブラウン) (31.0cm, DARK EARTH (ブラウン))

登山中、休憩を取る度に靴紐の調整をする習慣を付けるようにするのがおすすめです。

トレッキングシューズの紐は出発のときに1度しっかりと結んだらそれで1日そのままで良いというものではありません。

出発前にしっかりと結んであったとしても、歩いていれば靴紐は徐々に緩んでいくものです。

逆に、歩き続けることで足が浮腫んでしまって窮屈になってしまうこともあります。

靴下が寄れてしまうこともありますし、小石が靴に入ってくることもあります。

小さな違和感はやがて大きな痛みや不快感に繋がることがおおいですが、一方で、1度歩きはじめると、トレッキングシューズの具合が気になっても、なかなかしゃがんで調整するのは困難な場合があります。

とくに、狭い道や岩場は危険だったり、後ろの人の迷惑になってしまったりします。

大人数での登山の場合は立ち止まることで1人だけ遅れてしまったり、迷惑をかけてしまったりすることになることもあります。

休憩のときのこまめな靴紐の調整の習慣が快適な登山へとつながるでしょう。

初心者は練習を

初心者は登山に行く前にトレッキングシューズを手際よく履く練習をするようにしましょう。

自宅で何度も履いて脱いでを繰り返します。

いきなり登山に行くと、まわりに遅れをとらないためにどうしても焦ってしまいがちです。

適切ではない靴紐の結び方で登山をすると足が痛くなってしまったり、転倒の原因になってしまったりしかねません。

家や近所である程度練習をしてから登山に望んだ方が安心して楽しむことができます。

トレッキングシューズを購入したての人も注意

登山初心者だけでなくトレッキングシューズを新たに購入したばかりの人も、事前に近所で新しいトレッキングシューズを履いて鳴らして置くことが大切です。

新しいトレッキングシューズのクセや適切な紐の強さなどを確認しておくようにすれば快適な登山に繋がります。

トレッキングシューズごとに、紐やインソール、靴下との相性は違います。

なれないトレッキングシューズで登山に行って、足が痛くなってしまうとぜっかくの全然登山を楽しめなくなってしまいます。

まとめ

[アディダス] トレッキングシューズ TERREX AX2R MID GTX W IOT02 BB4620コアブラック/コアブラック/タクティルピンク S17 24.0

トレッキングシューズを快適に履くためには靴紐の扱いをマスターする必要があります。

トレッキングシューズを履くときはしっかりと靴紐を緩めてから足を入れ、そして1つ1つ丁寧に締めていくことが大切です。

下りはとくに、きつめに靴紐を閉めることで、疲労を軽減させることができます。

靴紐の扱いはすぐに身につくものではありません。

初心者は実際に登山に行く前によく練習をしましょう。